PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

根子岳~四阿山

2006年10月22日(日)

ケンG 母 母友 つよぽん かみさん BORI

NEC_0218.jpg

ケンGより四阿山登山のお誘いがあり、若干の身体的不安はあったものの
約1名を除きほとんど中高年の域に達しているので、
ありがたくスローペースということで行ってきやした。


NEC_0224.jpg NEC_0226.jpg

8:10菅平牧場発、前日の控えめな飲食と
当日は薬を5:00に起きて飲んだので体調はバッチシのはず。
登り始めの1hぐらいはさすがに少し苦しい時もあるが、
休憩回数を多くとってくれたのですぐに回復、10:10根子岳山頂着。

NEC_0230-1.jpg NEC_0231.jpg

風も強く早々に四阿山に向けて鞍部へ下る。
すぐに大明神沢源頭の足元がすっぱり切れた地形を見るなり、
それまでのメローな雰囲気から一転ちょっと緊張しました。
何年か後にビッグネームになる予定?のまだ若いライダーつよぽんに、
近々このあたりのクリフで一発決めてもらうので今のうち下見しとけよって!?

NEC_0236.jpg NEC_0243.jpg

心配だった鞍部からの登り返し、急坂なので足を上げる時もゆっくり
急がず立ち止まりながら深呼吸しながら一歩一歩確実に登ります。
おかげでMy heartは楽に無理なくGrooveしておりました。
12:10四阿山山頂着!狭いヤセ尾根の山頂部には
100人近い中高年トレッカー(平均年齢55歳ぐらい?)で
今にも群馬県側にこぼれ出しそうな勢いでした!

ちょっと下って14:00までゆっくり昼飯、
あとは牧場まで広大な景色(しつこく根子岳南面もチェック!)
を楽しみながら至福のトレイルのんびり下山するだけです。
16:10牧場着、辛くなることなく快適な本当にい~山旅でした、
皆さんありがとうございました!またよろしく!!

| 山と旅2006 | 21:13 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
四阿山僕も一回行ってみたいと思ってます。
去年トライしようと思って計画した時はその前の週に行った雨飾山が予想以上にハードだった為パートナー(カミサン)に敬遠されてしまい実現しませんでした。
最近山に行くと中高年の団体さんに遭遇して圧倒される事が多いですね。

| KABE | 2006/10/22 23:51 | URL | ≫ EDIT

根子岳~四阿山縦走お疲れ様でした。
鞍部からの登り返しが結構きついですよね。
四阿山には熊さんがいるのでちょっと怖いですが、
山頂はいつも大賑わいです。

| skusaku | 2006/10/23 12:43 | URL | ≫ EDIT

KABEさん、四阿山はこれで2回(前は逆コースで)登りましたが、
他にもまだ2ルートあるのでまた来年にでも行ってみたいです。
本当にこの山は中高年に大人気!若者がいない。

sakusakuさん、四阿山はこの冬に一度いってみようと思います。
下山中に目が離せなかった南側の、あのひたすらメローな尾根に登って滑ってみたいです。

| BORI | 2006/10/23 22:14 | URL | ≫ EDIT

冬の四阿山はスノーシューで何度かトライして一度しか到達していません。鳥居峠から的岩ルートと、右側の疎林を登って尾根に出るルートと、ホテルからのルート、どれもこれも長かったです。スキーなら下りの時間をあまり気にしないでいけるからいいですね。
今年の冬の終わりの頃、ホテルからスキーで中腹の祠まで登って滑って来ました。私のスキーの技量ではそこまで(そこから)がやっとこです。

| skusaku | 2006/10/24 08:12 | URL | ≫ EDIT

ボリさん!どうも!!日曜はありがとしたv-218
御陰様でとても楽しい山遊びができました。
ツヨポンも母も母友も満足満足だったようですv-407

来シーズンもマッタリ山行また行きましょう。
北岳もねv-276

| けんG | 2006/10/24 20:25 | URL | ≫ EDIT

度々すんません(^_^;)
↑初めてコメント書いたので絵文字が意味不明ですんません・・・v-12

またですv-222

| けんG | 2006/10/24 20:29 | URL | ≫ EDIT

sakusakuさん、そのホテルあたりから登って滑ってホテルの温泉ってやつがいいかも、ステップソールの板でいきますか。

けんG、お疲れ!誘ってくれてありがとう。
またみんなで楽にいけるいい山考えましょう。
北岳も来年ぜひ!
では次回、鹿で。

| BORI | 2006/10/24 22:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bori.blog70.fc2.com/tb.php/63-8a64105d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。