PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

何となく6月の診察日だった




先週の日帰りドックの画像診断により主治医の病院に送られたが、
金土月とほぼ連日利尿剤注射で肺の状態は良好、いつもの処方箋
を出してもらいこれでまた来月診察でよくなりました。
初めて自分の心肺画像を見た先生はびっくりすると思いますが、
自分は常にこの程度(これ以上はよくならない)の
低レベルで自己管理生活しているのでとくに心配いらないです。

↑臓器移植者アスリートの星、スノーボーダー「クリス・クルーグ」
長野五輪後、原発性硬化性胆管炎を発症、肝移植手術を経て
次のソルトレイク五輪では大回転で銅メダルを獲得する復活振り。
日本でもちょっとニュースになってるし本もでてたりするので調べてね。
↑のドキュメンタリーフィルムは再び与えられた尊い命への感謝、
この素晴らしい人生を全力で生きる(訳してませんが)ことの
決意などを強く訴えたいんだと思います。

臓器移植法改正、
日本ではいろいろ問題も多いし先延ばし延ばしになったりしてますが、
より多くの子供たちが救われ幸せな人生を再び送れるように
当たり前のようにクリスのようなアスリートが活躍する
No barrier な世の中になってもらいたいと希望します。

| | 08:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

臓器移植法
臓器移植法採決の問題は、一部の議員さんを除き、他の議員さんには「対岸の火事」なんだろうと思います。
当事者のお子さんの場合、ドナーとレシビエント双方の家族の思いが分かるだけに切ないですね。

| MK | 2009/06/18 16:06 | URL | ≫ EDIT

MKさん
どちらに決まったにせよ、年齢に関係なく臓器移植の道が
広がったということではよかったと思います。
残された問題については、あまりにも難しく重いテーマなので、
いつかはテレビドラマ化されることでしょう。

| BORI | 2009/06/18 19:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bori.blog70.fc2.com/tb.php/357-fe5dbd57

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。