PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

四阿山

2008年10月4日(土)

081004azumayasan-1.jpg

病人向けの楽な登山に行こうと思っていろいろ探しましたが、
パルコール嬬恋のスキー場のゴンドラが運行しているということで
群馬県側から登る四阿山に行ってきました。
これなら標高2000mまで上がってしまうし、
山頂までの残り標高差が300mですむので楽々かと思いましたが。



081004azumayasan-2.jpg

四阿山、また今回もやられました、3月のスキーは敗退だったし。
中高年に大人気の山の最も楽勝ルートで
自分の山登りももはやこれまでかと叩きのめされてきました。
菅平側からメロウに登るルートより
↑嬬恋側の地形はかなりEdgeで貧血ふらつき厳禁です。

081004azumayasan-3.jpg

↑標準タイムより30分遅れで到着、疲れていたのか
こんな狭い高度感たっぷりの山頂で1時間も休んでしまいました。
まわりの山々はあまりよく見えませんでしたが、
風もなく穏やかな日でした。

081004azumayasan-4.jpg

下りもあんまりまわりの紅葉やら景色楽しんでると、
高度感に酔って転落してしまいそうなので前と足元だけ見て
それでも何回も休みながらゴンドラ山頂駅まで戻りました。

また、ここではない何処かの楽で安全で病人向きの山を探さなくては。




| 山と旅2008 | 22:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私もこのルートでやられてしまいました。
近い=ラク では決してないのです。

縞枯山はいかがでしょうか?

| sakusaku | 2008/10/04 22:34 | URL | ≫ EDIT

sakusakuさん
次回ここに来る時は10分で行ける浦倉山でいいです。
縞枯山は元気な頃に他の山も入れて縦走しましたが、
いつか雪の季節に縞枯山荘1泊ということでとっておきます。

| BORI | 2008/10/05 21:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bori.blog70.fc2.com/tb.php/304-11fd1e79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。