PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

霧ケ峰

2008年7月26日(土)

080726kirigamine-1.jpg

今週は体調いまいちということで滑りにいこうか迷いましたが、
今年は旬の花に親しむという目標もあったので
霧ケ峰にニッコウキスゲを見に行ってきました。



080726kirigamine-2.jpg    080726kirigamine-4.jpg

駐車場の大混雑が予想されていたので8時前には車山肩に到着していましたが、
すでに99%は埋まっていました、ギリギリ。
車山には登りましたが蝶々深山にはいかずにゲレンデ側から戻ってきました。
山登りできなくなったらリフトで上がってくるのもたまにはいいか。

080726kirigamine-5.jpg    080726kirigamine-3.jpg

ニッコウキスゲが咲いている状況を真剣に見たのは初めてでした。
山全体がもうちょっと黄色っぽくなるもんだと思っていましたが、
わりと控えめに点々と咲いておりました。
霧ケ峰といわれるぐらいなら今度来る時は
霧の中で高原の花を見てみたいです。
あ、あと次回「ころぼっくるひゅって」でぜひお茶したいっす。
    

| 山と旅2008 | 19:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

我思い出のビーナスライン
シングル(笑)で元気だった頃、県道を小淵沢から原村、そして芹ヶ沢から大門峠、そこからビーナスラインを車山肩まで。これがこの季節ニッコウキスゲを愛でるサイクリングコースでした。
夏空に浮かぶ雲とニッコウキスゲの黄色。昔は山全体がほんのり黄色く見えていました。
コロボックルヒュッテの鉄平石の壁が懐かしいですね。
ここでいつもコーヒーをいただき一休み。蝶々深山から八島ヶ原に抜け、湿原を一回りしてビーナスラインに戻り、同じコースで帰宅してました。

| MK | 2008/07/27 09:42 | URL | ≫ EDIT

MKさん
その想像を絶する途方にくれる程の距離感が、
車しか乗らない自分には全く想像できませんが、
時代が時代ならMKさんは超鉄人トライアスリートではないですか。

| BORI | 2008/07/27 21:42 | URL | ≫ EDIT

BORIさん、エコーバレー駐車場から右へ林道を歩きブランシュたかやまへ登り、エコーバレーの上部をぐるっと回って殿城山経由で戻るコースが、ビーナスラインに行かないため渋滞の心配が無くお勧めです。ちょっとハードですけどね!

ブランシュから蝶々深山周辺まではツツジやニッコウキスゲのピークシーズンにはオレンジ色、あるいはマッキッキに染まります。

| sakusaku | 2008/07/28 11:23 | URL | ≫ EDIT

sakusakuさん
そのコースはハードのようなので、
リフトの使えるXCスキーの季節にしたいと思います。
花の時季も素晴らしいと思いますが、
本当に一番好きなのは晩秋の枯れた季節の
微かな陽だまりを感じながらの高原歩きが好きなのですよね~
できれば初雪の降る前日とかベスト!

| BORI | 2008/07/28 23:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bori.blog70.fc2.com/tb.php/281-cbcd6d40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。