PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

湯の丸山

2008年2月16日(土)

080216yunomaruyama-1.jpg


BORI

この週末は山に行きたかったが雪降りの中は御免なので
少しでも天気のよさそうな東信エリアの湯の丸山へ。
それでも風は冷たく吹き荒れ稜線はもとより滑り終わってからも
途中でゆっくりと昼ごはんを食べてる雰囲気ではなかった。




080216yunomaruyama-2.jpg     080216yunomaruyama-3.jpg

近頃の太平洋側での降雪のおかげでこのあたりも
だいぶ積雪量増えてきまして、ようやく湯の丸山へ行く気になりました。
ここでの自分に課せられたノルマは滑り2本なので
今回の1本目は北峰↑からいつもよりやや北よりの斜面へ。↑
やはりここはさすがに湯の丸、小さい山だけど
毎シーズン最高のパウダーを頂くのはいつもここです。
密林帯の手前まで止まらない止められない。

080216yunomaruyama-4.jpg

再び北峰まで登り返して2本目の準備、
↑今回からニューBDシールとVoile社製スキーアイゼンを使いました。
固い雪や急斜面での直登時の負担を軽減、
テレマーカーとしてのプライドとかソウルとか全くないので
スキーアイゼンは病人にとって楽に登るための必須アイテムでしょう。

080216yunomaruyama-5.jpg     080216yunomaruyama-6.jpg

2本目はいつものラインへ、
だいたいどこ滑っても下に行けば行くほど急斜面になる地形なので、
とくに止まる目標を定めておかないと段々とターンがでかくなって止まれません。
短いランですがいつもこれで満足して帰ります。

毎年何度も同じ山に通って、それで初めて滑りが楽しめるってーもんですね。
初めて行く山で滑るのは地形とかわからないので下見してるようなもんですから。

| snow2008 | 08:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

週末はさぶかったですね。
私はおこたつで「のだめ」と「岳」を読み、医療費の請求書の整理をしてました(^^;)
滑り終わってから温泉行ってあったまりましたか~?

| sakusaku | 2008/02/17 20:42 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです。
近いながらも行ったことのない山。(夏山はあり)
行ってみたいなぁ~

| namy | 2008/02/18 20:17 | URL | ≫ EDIT

sakusakuさん
滑り終わったあとは、病人の分際で西口の酒場に繰り出す予定だったのでとっとと帰りました。
あそこの温泉はひなびた感じでよいですが山スキーの後に入るのは、
湯冷め→入院のリスクが高いので雪の季節はやめておきます。

namyさん
山頂からnamyさんちのほうがよく見えました。
いつも見ている山ほどなかなか行けないものです
(自分の場合はリゾート上の霊仙寺山に行けてない)。
湯の丸なら喜んでいきますので、またいつでも滑りにいきましょう。

| BORI | 2008/02/18 23:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bori.blog70.fc2.com/tb.php/232-dbf4597c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。