PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

根子岳風力発電計画問題 2

060708nekodake-1.jpg

この問題に関して大きな動きがありましたのでお知らせします。
詳しくはこちら↓↓↓

http://www.shinmai.co.jp/news/20070926
/KT070925FTI090004000022.htm


↑↑↑いつかはこのような手段に出てくるとは予想はしていましたが。
根子岳の自然環境動植物だけでなく、
そこで暮らす人々の生活の糧や暮らしを脅かしてまで
風力発電建設を強行し地球温暖化防止に努めたいと
本気で考えているのでしょうか?

こちらにこの問題に関しての最新情報や
反対署名用紙(来年5月まで)をプリントできるサイトがありますので、
皆様のご理解のうえ冷静な判断をもってご協力願います。
         ↓↓↓
http://sugadairanr.com/default.aspx


たしかにスキー場やゴルフ場あっての
リゾートやペンション経営なのかもしれない。
が、そのような作られたような施設に頼らなくとも
(ましてや風発で人を呼ぼうなんてのは論外)
ありのままの大自然に抱かれることが
最大の贅沢だと多くの人間が気づいた時、
そのような環境を維持し提供できるリゾートこそが本物であると考えます。
根子岳・峰の原高原にはぜひこれからも歩むべき道を
踏み外さぬよう誠実に未来に進んで欲しいと考えます。

余談ですが峰の原高原スキー場は1度だけ滑りにいったことがあります。
とてもコンパクトながらも上級中級初級コースがはっきりしていて、
ファミリーからアスリートクラスまで楽しめるとてもよいスキー場だと思います。
しかも日本のテレマークスキー発祥の地のような
歴史もあり今もテレイベントやってるし。
だけどスキーもスノーボードも自然も愛せない会社が経営していると
思うと何か悲しいね~

| 日常 | 21:45 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

BORIさん、こんにちは。

峰の原スキー場は、近年ほかのスキー場に比べれ訪れる人が増えてきたと新聞で読んだことがありますが、リフト券の割引が無くなれば滑る価値が低いと思われます。

また、そこで生活してる人達の事を考えると、風力発電みたいな大きな設備は、あまり現実的でないと思いますが、地球の環境や原発の事を考えると妥協しなければならないかもしれません。但し、風力発電のプロペラは折れますので、壊れた時の事を考えると山に設置するのは反対かな。
以前、テレビで騒音被害の特集もやてましたし、宮古島でプロペラが無くなった風力発電も見ましたが、修理するにも莫大な資金が必要になりますので、もしも会社が倒産して須坂市が面倒を見るようになったら財政も厳しくなると思いますよ。

| 立木登美男 | 2007/09/27 10:10 | URL | ≫ EDIT

ビルのアクセサリーのような可愛い風車、排水施設に組み込んだ小規模水車発電所、民家の屋根の太陽光発電等、小規模な自然エネルギーの活用は、大きな施設に比べとても非効率的かもしれませんが、その分自然環境に対するインパクトは小さいはず。
尾根筋にそそり立つ大きな風車は、地球温暖化防止対策のシンボル的存在に成るのでしょうが、あまりにも高山の環境に対するインパクトが大きすぎるように思えます。

| MK | 2007/09/27 23:08 | URL | ≫ EDIT

立木さん
風力発電が建ってしまうと、周辺に住む人たちは騒音とかその他いろいろなことを我慢しながら生きていかなければなりません。ましてや自然環境などは人間よりはるかにデリケートなので風発のストレスから簡単に死滅してしまい再生するのは難しいかと(専門家ではないですが)思われます。
まあ風発自体はたしかによいシステムだと思いますけど、何処か他に良い場所はないですかねー。人の生活圏でなくて砂漠のようなところで鳥も飛んでなくて安定して風が吹くようなところ。日本ではキビシイかな~。


MKさん
最近どこかのブログで、外国の風発建設の写真が出てまして見たんですが、あんなにデカいものだとは知りませんでした。人間とプロペラ部がいっしょに写っていたのですが、想像を絶するデカさです。塔を運ぶトレーラーにしたってすごい長さ、日本で新幹線を陸送している○通なんてもんじゃない、こんなもんが根子岳の稜線を登っていく風景なんて見たくないです。もうちょっと小さくなんないのかって、余計なことを思ったりしますが、いずれにせよ根子岳ではSAY!NO!!です。

| BORI | 2007/09/28 22:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bori.blog70.fc2.com/tb.php/175-7602faed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。