2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏の終わりに

080831-1.jpg

↑黒姫山麓のとうもろこし畑と、この夏の象徴であった積乱雲。

久しぶりに暑さもぶりかえし、そーいえばまだ8月だったと思い出したり。
夏が終わる前にしなければならないことの1つ、
信濃町の小林農園の焼きとうもろこしを食べること。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 日常 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年は乗鞍で開催

428080.jpg

「Banff Mountain Film Festival in Japan 2008」

去年は松本市内の街のほうで開催されたらしいが(行ってないけど)、
今年は同じ松本市でも乗鞍高原で10月4日(土)にやるらしい。
いわゆる世界の山岳冒険映画祭りで国内各都市も回ってます。
入場料1200円のチケットとるのめんどくさそうだし、
滑り系の映画が短そうだし、始まるの夜からだし、
でもせっかく乗鞍でやるから見てみたいけど~しばらく考え中~。

Trailer 2008
  ↓↓↓

≫ Read More

| 日常 | 23:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東山魁夷展

天気の悪そうな週末なので、地元で芸術鑑賞しにいきました。
美術館としてはかなり大盛況、人が多くにぎやかでした。
東山魁夷の作品が嫌いな人はあまりいないでしょう。
作品に引き込まれるというか引き込まれて絵の中に入ってみたいです。
自分だけではないと思いますが無性に秋山登山に行きたくなりますね~。
この季節の変わり目に地元で東山魁夷展が鑑賞できるのは幸せなことです。

| 日常 | 22:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

乗鞍~4

2008年8月17日(日)

080817norikuradake-1.jpg

お盆休み、やっぱり1日ぐらいは滑らないと、
五輪見て食べて寝てばっかの休みになってしまいます。
今回も(いつも)たいして本数は滑ってないですが、
雨風もなくかなり涼しかったので快適に過ごせました。

≫ Read More

| snow2008 | 21:23 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高山村・雷滝

080816kaminaridaki-1.jpg       080816-3.jpg

暑いので渓谷にいきました。
うちから1時間以内で行ける秘境、松川渓谷の雷滝(裏見の滝)。
↑その名の通り滝の裏に遊歩道がありモイスチャーたっぷり浴びれます。
さらに下にいくと正面からも観覧できます↑。
最初は松川の支流かと思っていましたが、松川本流の滝でした。

はっきりいって一般の観光名所としてはかなりハイリスクなところです。
こんな急峻な地形に無理矢理つくったとしかいいようのない遊歩道が、
地球の長い歴史の中で地震とか豪雨とかでいつ崩壊するとも限りません。

滝自体は素晴らしいですがとても長居する気にならないところです。
紅葉の季節の週末はおそらく観光客行列渋滞となるでしょう、ああ恐ろしい。

| 日常 | 19:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月の通院日と入院

080809-1.jpg

水曜日の朝、自覚できるほどのはっきりした
心房細動がありましたが、お昼前には正常に戻りました。
次の日の木曜日は診察日で心エコー他も予定していたので
この件についても検査してもらうと、
まだ完全には治ってないみたい。
で、DCカウンターショックで戻す可能性も含めて
1年前にも入院した県立病院に送り込まれました。

審議の結果、まあ自然にもとに戻るでしょ~ということになり、
いくつかの検査のためそのまま入院してしまいました。
常連ではないけど長い看護師さんには完全に憶えられてます。
案の定、夜1時間ぐらいウトウトしたら直ってました、毎度のことですが。
次の日、いくつかの検査のあと問題なしということで
もう1泊して次の日の朝あっさり帰されました。
あと今飲んでる薬が肺に影響が出てるかなどの結果を聞きに
またこの県立病院には来るんですけど。

今年こそは入院しないって誓ったけど1年に2~3日なら
定期点検みたいなもんだから、これぐらいはしかたないか~。

今後はまたいつもの主治医のところの病院にもどります。
高度医療の病院ではなく今ぐらいのところで
生涯診てもらうレベルを保つことがこれからの目標になります。


| | 23:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

乗鞍~3

2008年8月3日(日)

080803norikuradake-1.jpg

↑下も滑れないことないですが
ほとんどの人たちは上部の雪渓へ。
雪渓が小さくなるにつれ移動距離も長くなり、
そのうちブーツもザックにとっつけて歩くようになるので
荷はさらに重くなり困難を極めます(20~30分程度ですが)。

≫ Read More

| snow2008 | 22:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は読書

208080.jpg

何処か軽く山登ってから乗鞍入りしようと思って、
朝4時半に起きてはみたものの、
行き場所も決めてないし身体もいっこうに動こうとしないので
けっきょく1日中うちで涼んでました。

↑先週買っておいた本を一気に読みました。
山好きの病人(とくに循環器系)が読んだら、
あまりにもリアルで納得してしまうというか
レベルはけた違いですが思い当たることが多いかと思います。
大先生は年齢ばかりでなく心房細動でエベレストに登った
先端医療に貢献する世界でただひとりの(あたりまえか)
偉大なる患者です。

自分は大雪渓の上部までハイクした程度で
↑のセリフが思わず出てしまうレベルなので、
今の病気でスキーとか山とか続けたかったら
日頃からもうちょっといろいろ真面目に取り組まないとね。

自分も○○○では世界でただひとりのDCM患者と
呼ばれたいと思ってみたりはするので。


| 日常 | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。